運命の人を見極め方、出会い方を相性の専門家(占い師)が解説します

相性

この人は運命の人に違いない!

そういう出会いの一つや二つはあるのではないでしょうか?

特に、恋愛や結婚では「運命の人」というのがテーマになることが多いです。

ただ、先に結論を書いておくと、「運命の人」というものに過剰に期待しすぎると自分の運命を見誤り、結果、不幸につながることも多いのです。

今回は、そんな「運命の人」について相性の専門家が解説します。

運命の人ってどういう人?

そもそも運命の人というのは、どういう人のことを指すのでしょうか?

スピリチュアルが好きな人は「ソウルメイト」という言葉が思いつくかもしれません。

自己啓発が好きな人は「メンター」という言葉を想像したかもしれません。

ただ、占星術的にはまず、「縁が相当に深い人」というのが運命の人になり得る人たちです。

以下、大きく3つのパターンで運命の人を解説します。

①人生の師(先生)となる人

縁の深さと人生の師(先生)となる人は運命の人と言えます。

人生の師(先生)とは単に学校で教えてくれる先生という意味ではありません。

  • 自分の人生の指針を与えてくれる人
  • 自分の強みや弱点を明確にしてくれる人
  • 人生を生き抜くための知恵や勇気を授けてくれる人

こういった人が人生の師(先生)であり、自分の運命に大きな影響を与える人です。

人生の師(先生)は時に、意図的に自分に試練を与えてくれます。

  1. 起業を考えている人に「今の仕事でまず結果を出しなさい」とアドバイスをする
  2. 自分の弱点を知ってもらうためにあえて失敗させ、気づいてもらう
  3. 例えば仕事において本当に大切なことは何か? といった答えがないものを問いかけ、自分の頭で考えてもらう

また、自分のもっと人生が飛躍するために、あえて厳しい態度で接することがあります。

②自分のことを深く理解してくれる人

一言、二言、話しただけで自分の気持ちを理解してもらえる。

考えが通じ合える。

今の自分の感情をすぐさまわかってくれる。

それは同性、異性、年齢、生まれた国、育った環境など関係ありません。

例え、30歳年の離れた人でも、自分のことをすぐさま理解し、必要な言葉をかけてくれる人も運命の人と言えます。

スピリチュアルの世界で言われている「ソウルメイト」もこれに近いはずです。

③リリス、ドラゴンテールの悪縁

あとで注意点としても触れますが、意外とリリス、ドラゴンボールが絡んだ悪縁も「運命の人」とみなせるケースがあります。

これこそまさに「縁が深い人」です。

縁が深いゆえに、良好な関係であれば、深くつながれます。

ただし、悪縁は悪縁です。

二人の関係性においては十分な配慮、注意が必要です。

本当の運命の人の3つの傾向

さて、ここからが本題です。

運命の人は、本当に自分に幸運をもたらすのでしょうか?

実は、先に挙げた①②③のパターンというのは「運命の人と勘違いしやすい」パターンでもあるのです。

①人生の師(先生)となる人はきちんと見極めないと、自分をコントロールしてくる人になります。

②自分のことを深く理解してくれる人は、実はあなたの話に合わせているだけなのかもしれません。

③リリス、ドラゴンテールの相性は言わずもがな、悪縁です。

運命の人とは、もちろん自分のことを理解してくれる人です。

であるが故に、運命の人こそ実は「距離感」を大切にします。

運命の人は、

  1. 必要な時だけ言葉を掛ける。
  2. 必要でなければ自分からは接さない。
  3. 見守る姿勢を大事にする。

です。

相手のことを知り、信頼しているから不必要に言葉をかけないし、見守る姿勢を優先するのです。

もし、運命の人と思う人が不必要に自分に関わってきたり、依存させるような発言をするなら、その人は運命の人ではありません。

運命の人との出会いを期待をしすぎて人生をさまよう人たち

辛い過去があったり、自分の思い通りにならない人生を送ってきたと思っている人ほど運命の人を求める傾向があります。

けど、だからといって運命の人を求め、さまようことで自分の人生を台無しにする人もいます。

自分が自分の人生を真剣に生きる、人生は自分の責任と自覚し行動していればやがて運命の人との出会いはあるでしょう。

ですが、なんでも人のせいにしたり、過去の自分を悔みすぎていると、悪い人を引き寄せます。

運命は責任がある人を好む傾向があります。

責任感のある人にこそ、本当の運命の人は現れるのです。

運命の人との出会い方

もし、運命の人を探したい、出会いたいのであれば

全ての出会いから学ぶ姿勢

を大事にしてみてください。

学ぶ姿勢には謙虚さが必要です。

謙虚な姿勢は受け止める姿勢。

受け止める姿勢があるからこそ、運命の人を引き寄せることができるのです。

本当の運命の人はエネルギーが悪い人(傲慢、わがまま、性格が悪すぎる)には近づきません。

運命の人も運命の相手を選ぶ権利があるからです。

まずは、謙虚に学ぶ姿勢を意識しましょう。

まとめ

運命の相手は、結局は自分の引き寄せ力にかかっています。

運命の人は、自分の心次第で出会えるものなのです。

繰り返しになりますが、とにかく謙虚さです。

謙虚さは自分のエネルギーを高めるのと同時に、自分自身を洗練させるからです。

ぜひ、今回書いたことを実践してみてください。

運命の人はもちろん、これまで自分が出会ったことのない素晴らしい出会いが引き寄せられるはずです。

運命の人とどこで出会いやすいのか、どうすれば運命の人と出会えるのか? ホロスコープはすべてを語ります。
この記事を書いた人

京都市内で占星術鑑定を行なっているプロの占星術師。
鑑定依頼内容は、離婚・不倫やビジネスパートナーとの相性、悪縁(リリス・ドラゴンテール)、経営者の人間関係、転職が多い。
趣味は京都のBAR巡り。

真中 伸也をフォローする
相性
真中 伸也をフォローする
占星術師 真中伸也 / MOTHER OF KYOTO
タイトルとURLをコピーしました