占星術占い|最強の金運アップ法とは?

運気アップ

今回は多くの方が気になる金運アップ法についてです。

タイトルにあえて「最強」と付けました。

プロの占星術師がオススメする最強の金運アップ法をお伝えします。

ぜひ最後までご覧ください。

2,000円相当の無料プレゼント

限定400部が全て完売! 幻の占い(占星術)冊子を無料でプレゼントします。

1冊目:令和の時代を生きる知恵と勇気とリーダーシップが手に入る『経営者・リーダーの運命が変わる3つの知恵』はLINE登録ですぐにダウンロードできます。

友だち追加

2冊目:女性が強く自分らしく生きるヒントが手に入る『女性の運命を変える3つの相性』はメールマガジン登録すると入手できます。詳しくはコチラ→無料冊子プレゼント

最強の金運アップ法とは?

最強の金運アップ法、それは以下の3つです。

  • 人を大切にする
  • 人を深く知る
  • 人が求めるものを提供する

この3つについて深掘りしていきます。

①人を大切にする

人を大切にしなければ相手は自分を大切に思ってくれません。

自分が大切に思えない相手に大切なお金を渡そうなんて思わないのです。

僕がこのブログでよく書いている、遅刻しない、約束を守るといったことをやると自然と信頼は集まります。

遅刻する人、約束を守れない人の多くは金運がないというよりも信頼がないのです。

②人を深く知る

次に相手を深く知ることで相手のニーズがわかります。

金運がない人の多くは、相手のことを考えるのが苦手な人が多いのです。

逆に金運がある人は以下のことを常に考えています。

  • 相手が何を求めているのか?
  • どんなタイミングで情報が欲しいのか?
  • そもそも本当に困っていることは何か?

もっと言えば、相手のことを考えることが楽しいと感じています。

③人が求めているものを提供する

最後に人が求めているものを提供するです。

これは日々の訓練で実はいくらでも高められます。

例えば、寒いに冷たい麦茶を出す人はいません。

温かいお茶やコーヒーを出すはずです。

基本はこれです。

もっと言えば、人が求めているものを自分が提供できなくてもいいのです。

提供できる人を紹介するのもグッドです。

さらに紹介できる先がない場合、相手の話をじっくりと聞いてみてください。

人は本質的に自分の話を聞いてくれる人を求めています。

つまり、話を聞くだけで人が求めているものが提供できているのです。

>>人気記事:【ホロスコープ】金運が上がらない人に伝えたい3つの視点【原因は自分にあり】

>>人気記事:【ホロスコープ】金星 愛とお金以上の5つの話

>>人気記事:運が強い人は運が弱い人と何が違うのか? 運気アップにつながる3つの秘訣

なぜ今回の金運アップ法が最強なのか?

金運アップで必要なのが、前提となる知識です。

その知識とは「お金は誰が運んでくるのか?」です。

冷静に考えればわかるはずです。

人ですね。

お金は人が運んでくるのです。

この事実、当たり前すぎて見逃している人が多いのです。

ブログ等でお金の単位である「円」を「縁」と表記する人がたまにいます。

僕自身、「円」を「縁」と書くのは自己啓発的なアピールが強すぎるので正直苦手なのですが、本質ではあります。

「円」がない、つまり金運がない人は「縁」不足です。

つまり、人とのつながりが少なすぎるのです。

もっと言えば、人とのつながりだけでなく、深さも足りません。

縁のつながりの多さ、深さが結果、金運につながります。

縁が強固な人はトラブル時も助けられます。

もちろんお金のトラブルにおいても、手を差し伸べてくれる人が必ず現れます。

だから今回書いた「人を大切にする」「人を深く知る」「人が求めるものを提供する」が最強の金運アップ法なのです。

「円」はやはり「縁」です。「円」が欲しければまず「縁」を手に入れなければなりません。

占星術視点で金運を語る

最後に占星術(ホロスコープ)視点で金運を解説します。

金運は2ハウスで見ていきます。

ですが、大金は8ハウスです。

8ハウスは他人のお金を意味します。

この8ハウスをいかに強化するかが、金運の本当のポイントなのです。

ちなみに8ハウスには相手の肉体という意味もあります。

相手がお金を渡してくれるかは、(変な意味でなく)大切な身体を預けられるか? がポイントなのです。

それぐらい密な信頼関係性を築けていれば、自然と金運は強まります。

\占星術鑑定・講座に関する疑問はありますか?/
鑑定や講座の内容などぜひお聞きください。
お問い合わせはコチラ
\占星術鑑定・講座に関する疑問はありますか?/
鑑定や講座の内容などぜひお聞きください。
お問合せはコチラ
タイトルとURLをコピーしました