【ホロスコープ】金運が上がらない人に伝えたい3つの視点【原因は自分にあり】

運気アップ

金運をアップして収入を上げたい。

税金が高くなり、食品や日用品の値上がりがニュースになっている今、金運を上げていきたいと思っている方はかなり多くいらっしゃいます。

確かにそもそも金運が良い人もいますし、金運が悪い星の下に生まれた方もいます。

ですが、金運、そして、収入アップはそれなりの経験と努力で改善できるものでもあります。

今回はホロスコープの視点で金運アップ、そして自分は何に取り組むべきかのヒントについて解説してきます。

※読み終わった頃には金運の理解が深まっているはずです。

金運には大きく3つに分類される

そもそも金運ってお金をたくさん持てるかどうかの運でしょ?

そう思っている方に一つ伝えたいのが、金運はそもそも3つの分類されるということです。

運命に限らず何でもそうなのですが、まず知ることがとても大切です。

知るだけで解決できることは世の中たくさんあります。

金運も知るだけで見方が変わり、自分が今、何を取り組むべきなのかが見えてくるのです。

財布の金運

金運でまず挙げたいのが、「財布の金運」です。

自分のお財布の中に安定してお金が入っているか?

今、カードや電子決済が盛んなので、現代に合わせた形だと、日常で使えるお金の金運でもあります。

  • 普段の生活に使うお金で困っていないか?
  • 好きなものが割と買える状況か?
  • 来月の生活費も安定して入ってくるか?

主にはこの3つに注目します。

財布の金運は世間一般で言われている金運とイコールです。

財布の金運が安定している人は、普段の生活に使うお金に困らない人です。

資産の金運

金運には、「資産の金運」があります。

銀行に預けるお金はもちろん、株など資産を所有しているか?(できるか?)

資産の金運がある人は、精神的に安定する傾向があります。

貯金がない人が増えた時代ですので、資産の金運は要確認ポイントでもあります。

また、意外な視点ですが、資産の金運が枯渇している人は結婚相手の金運が乏しい傾向があります。

天職の金運

金運は何も「財布の金運」「資産の金運」だけではありません。

天職、つまり自分が生まれてきたこの世界でやるべき仕事で金運が高い人がいます。

それが「天職の金運」です。

天職の金運が高い人は、転職をした方が良いケースが多々あります。

自分に合った仕事をした方が収入が高くなるからです。

一見、当たり前のようで実際できていない人が多いのが、天職からの収入アップです。

副業が当たり前となった時代です。

一度、真剣に考えた方がよいのが「天職の金運」となります。

自分はどの金運を上げるべきか?

ここからは自分がどの金運を上げていくべきなのか? について解説していきます。

ホロスコープを眺めていると必ずどの金運を上げるべきかが見えてきます。

特に経済が不安定な時代です。

自分に合った金運は何か? を思い浮かべながら読んでみてください。

①労働でお金を稼いだ方がいい人

今の仕事や生活するための仕事でお金を稼いだ方が良い人がいます。

よく勘違いしがちなのですが、天職をまっとうすることが必ずしも金運を上げるとは限りません。

今、目の前にある仕事をきちんとこなしていく方が金運が強まると人がいます。

自分らしく働いて、、、という気持ちはわかります。

けど、自分らしく働くことで収入が見込めないケースは確実に存在します。

労働で稼いだ方が自分の金運が強くなるのであれば、それに越したことはありません。

②転職→天職でお金を稼いだ方がいい人

一方、やっぱり天職でお金を稼いだ方が良い人もいます。

ホロスコープを見ると、明らかに自分にあった仕事をしていない人がいます。

よくあるケースとして、明らかに出世運があるし、天職で金運アップが見込めるのに、それが実践できてないケースです。

意外とそういう方は多い、というは実際の鑑定では大半がそういう人になります。

それぐらい社会の常識に囚われて、自分の本当の金運を満たせていない人はかなりの数に上ります。

そういう方は転職に挑戦してみてください。

転職→天職の流れで金運を掴むのです。

>>【ご紹介】自分に合った仕事は何か? 金運アップのポイントは何か? をお伝えする占星術鑑定です。

③投資をした方がいい人

金運を上げたい場合、投資が向いている方もいます。

投資の原則は勝負運です。

といっても一か八か、勝つか負けるかというよりも長期視点で右肩上がりにあるかどうか?

イメージでいうとトーナメント戦ではなく総当たり戦。

トータルで勝つかどうかが肝心です。

その投資先も不動産が向いている人、株が向いている人、現物資産が向いている人など別れていきます。

自分に合った投資商品を見つけるかどうか、そして、その投資商品は日本なのか、海外なのか、海外ならどの国なのかの見極めが大切になってきます。

金運アップの本質(お金は誰が運んでくれるのか?)

ここまで金運の上げ方について解説してきました。

けど、本質はここからです。

質問です。

お金は誰が運んでくるのでしょうか?

金運アップの本質はこの質問がすべてを握っています。

お金は人が運んでくる

お金は誰が運んでくるのか?

答えは簡単ですね。

「人」です。

自分以外の人がお金を運んできますし、金運を運んできます。

ビジネスのお金も、投資でアドバイスも、人からいただくものです。

ここを取り違えている人が大変多いのです。

人を大切にしない人は金運がない

人を大切にしない人は一時的に金運が上がることはあっても、維持しづらいどころか、大切にしなかった人からカウンターパンチを受けて金運をグッと下げます。

金運を上げるために一番大切なのは、周りの人が金運をもたらしてくれる自分になれるか? です。

つまり、人を大切にする自分である必要があります。

人を大切にしなかった時、金運は上がらなくなります。

人を大切にした人から、金運が高まるチャンスが訪れます。

結局、金運は自分のあり方次第なのです。

人を大切にするとは?

では、人を大切にするとはいったいどういうことなのでしょうか?

それは「責任感」です。

自分の責任を果たす人かどうか?

金運の分かれ目はここなのです。

普通に考えて、責任感がない人にお金は集まるでしょうか?

誰しも責任感がない人に大切な仕事を任せることはありません。

金運がない人の多くは、実は責任感がない人なのです。

そう言われて耳が痛い人、いませんか?

若干厳しい意見だというのは十分承知しています。

けど、これが現実であり真実。

占星術で解説すると、対人関係は7ハウス(宮)。

7ハウス(宮)のナチュラルサインはてんびん座。

古典占星術の基本である本質的品位だと、てんびん座と責任感を示す土星は吉となります。

土星は占星術では大凶星ですが、プラスの意味としては責任感。

責任感のある人(土星)は対人関係においては吉に働きます。

金運をあげたければ、責任感ある自分になれるよう成長する!

これが王道であり、1番の近道です。

※まずやれることは時間を守ることです。遅刻する人は金運を下げます。

>>オススメ! 完全無料で運気を上げるヒントが手に入るメルマガです。クリックしてお申し込みください。

>>自分の運命がホロスコープから読めるようになる占星術講座です。運気アップのポイントは自分で見つけよう!

この記事を書いた人

京都市内で占星術鑑定を行なっているプロの占星術師。
鑑定依頼内容は、離婚・不倫やビジネスパートナーとの相性、悪縁(リリス・ドラゴンテール)、経営者の人間関係、転職が多い。
趣味は京都のBAR巡り。

真中 伸也をフォローする
運気アップ
真中 伸也をフォローする
占星術師 真中伸也 / MOTHER OF KYOTO
タイトルとURLをコピーしました