【ホロスコープ】太陽を凶星で読むと読みやすい

ホロスコープ

占星術で超重要惑星に位置付けられている太陽。

もちろん自分自身を意味する惑星です。

この太陽の解釈は結構面白くて、僕の占星術講座の生徒さんには詳しく説明しています。

今回、太陽を凶星で読んでみましょう! ということを皆さんに提案します。

2,000円相当の無料プレゼント

限定400部が全て完売! 幻の占い(占星術)冊子を無料でプレゼントします。

1冊目:令和の時代を生きる知恵と勇気とリーダーシップが手に入る『経営者・リーダーの運命が変わる3つの知恵』はLINE登録ですぐにダウンロードできます。

友だち追加

2冊目:女性が強く自分らしく生きるヒントが手に入る『女性の運命を変える3つの相性』はメールマガジン登録すると入手できます。詳しくはコチラ→無料冊子プレゼント

復習:占星術で太陽はどんな惑星

そもそも占星術で太陽はどんな惑星なのでしょうか?

意味としては、以下です。

  • 男性
  • 支配者
  • 内面的性格
  • 先天的体質
  • 意志
  • 父親
  • 指導者
  • 目上の人
  • 目立つ地位や仕事
  • 有名
  • 高価な品物
  • 派手で贅沢な物
  • 貴重品

結構たくさんありますね。(笑)

後半の有名や貴重品は知らない人も多いのではないでしょうか?

ちなみに太陽は1日あたり平均して59分08秒進みます。

支配している星座は獅子座です。

>>オススメの記事①:【ホロスコープ】人生を支える水星の大切な話

>>オススメの記事②:【ホロスコープ】金星 愛とお金以上の5つの話

太陽は準吉星だけど凶星?

ここからが今日の本題ですが、太陽は西洋占星術だと準吉星に位置付けられます。

※月も準吉星ですね。

ただ、インド占星術だと太陽は凶星です。

西洋占星術でも太陽と17度以内にあるとサンビーム、8度30分以内だとコンバストです。

つまり、太陽と位置が近い惑星は太陽の光と熱で焼け焦げて、惑星本来の力を発揮できなかったり、悪い意味が出やすくなります。

そう考えると、太陽のどこが準吉星なんだ! って話になります。(笑)

だから太陽は凶星で読んでも良い惑星です。

太陽、遠ければ割といいやつで距離感が近いと嫌なやつに変わる、ちょっと厄介な存在です。

太陽を凶星で読んでみると、、、

太陽を矯正で読む例を紹介します。

太陽が、、、

  • 1ハウスにあると、我が強い。
  • 2ハウスにあると、贅沢が過ぎる。
  • 3ハウスにあると、勉強が活発になり過ぎる。
  • 4ハウスにあると、家柄にプライドを持つようになる。
  • 5ハウスにあると、遊び好き。
  • 6ハウスにあると、目や心臓の病気に注意。※太陽の人体部位が目や心臓だから。
  • 7ハウスにあると、対人関係で自己主張が強くなる。
  • 8ハウスにあると、好色の可能性が高くなる。
  • 9ハウスにあると、狂信的な考え方が強くなる。
  • 10ハウスにあると、(意外と)目上の人とのトラブルが多くなる。
  • 11ハウスにあると、友達に対する配慮がなくなる。
  • 12ハウスにあると、孤独感が強くなり過ぎる。

もちろん、これらは解釈の一例ですが、ホロスコープを読む際には参考になると思います。

>>オススメの記事③:【真髄】占いの効果を最大限に発揮する質問は?

最後に、、、

占星術は当たり前ですが、西洋占星術だけではありません。

西洋占星術で準吉星と位置付けられている太陽も、見方によっては十分凶星の意味を帯びています。

太陽一つとっても、広く学べば深い学びが得られます。

ぜひ参考にしてみてください。

\占星術鑑定・講座に関する疑問はありますか?/
鑑定や講座の内容などぜひお聞きください。
お問い合わせはコチラ
\占星術鑑定・講座に関する疑問はありますか?/
鑑定や講座の内容などぜひお聞きください。
お問合せはコチラ
タイトルとURLをコピーしました