ホロスコープは理論で読むもの? 感性で読むもの?

ホロスコープ
人生が変わる! 占星術鑑定
リリス鑑定も得意。運命はきっと変わる!

占星術は理論がしっかりしているけど、、、

ホロスコープは理論で読むものなのか? 感性で読むものなのか?

今回はホロスコープの読み方にアプローチした内容をお届けします。

占星術は確かに理論がしっかりとした占術です。

文系、理系で分けるとするならば、理系の要素が多い。

計算はあるし、度数で惑星の位置を特定します。

そう言う意味では、理論で読んだ方が良いと思われがちですが、実は違います。

理論は駆使するけれども、最後は感性で読むのが占星術であり、インスピレーション勝負なのです。

インスピレーションで読み方がダイナミックに変わる

理論がしっかりとした占星術ですが、実際、理論だけでも相当な数に登ります。

例えば、アスペクトだけでも60種類あります。

ホロスコープの種類だけで言っても、アセンダントチャート、ソーラーチャート、ルナーチャート、イコールハウス、日の出チャート、概算日の出チャート、コッホチャートなどたくさんあります。

人生の使命の特定で言えば、統治星、先行日食、バーテックス、ドラゴンヘッド(魂が向かう方向)などがあります。

では、どの理論、ホロスコープの宮(ハウス)分割、使命の特定方法を使えば良いのか?

その使い方はインスピレーションでダイナミックに変わります。

その時々で採用する理論が変わるのです。

私ごとで言えば、最近は研究、実践鑑定では一般的なアセンダントチャートよりもルナーチャートの方が運命が色濃く出る傾向があります。

理論も感性も両方大事

理論の勉強が疎かであれば、ホロスコープは読めません。

感性がなければ、運命を深く読むことができません。

理論も感性も両方大事。

これが真実です。

加えて言うならば、毎日占星術のことを考えているか?

毎日、真摯に占星術と向き合い、考え、ホロスコープを作り検証していけば、感性が育ちます。

結局、毎日の研鑽で占星術の実力は決まってくるのです。

この記事を書いた人

京都市内で占星術鑑定を行なっているプロの占星術師。
鑑定依頼内容は、離婚・不倫やビジネスパートナーとの相性、悪縁(リリス・ドラゴンテール)、経営者の人間関係、転職が多い。
趣味は京都のBAR巡り。

真中 伸也をフォローする
お知らせ
無料で占星術と運命学を学んでみませんか?
ホロスコープ
真中 伸也をフォローする
占星術師 真中伸也 / MOTHER OF KYOTO
タイトルとURLをコピーしました