プロの占星術師が教える運命学の学ぶヒント

運命学

今回の記事では、プロの占星術師である真中伸也が運命学を学ぶヒントをお伝えします。

そもそも運命学って何?

運命学の前に、そもそも運命とは何か?

僕が持っている辞書にはこう書いてあります。

①超自然的な力に支配されて、人の上に訪れるめぐりあわせ。天命によって定められた人の運。

②今後の成り行き。将来

大事林より

ここで書かれてあるのは、大きく3つです。

①人知を超えた力

②定められた運命

③未来予測

この3つを「学問として学ぶこと」が運命学と言っても差し支えありません。

運命学の本質

「この世に偶然はない。すべてが必然である。」

この視点を持てるかどうかで、運命学を学び、普段の生活に生かせるかがかなり変わってきます。

例えば、、、

・スマートフォンの電話帳を眺めていた時、その時視界に入った友人から連絡があった。

・ネット上で知り合った趣味が同じ人とリアルな場所で会った時、なんと自分と同じ職業だった。

・お金に困っていた時、会社から急にボーナスが入ったり、自分がお金に困っている背景を知らない両親からお金を支援してもらえる機会があった

こんなことが意外と僕らの日常で起きていますし、心当たりがある方も多いのではないでしょうか?

さて、友人の連絡や、相手が同じ職業、臨時でお金が入ってくることを偶然と捉えるのか、必然と捉えるのか、、、。

偶然と捉えてしまえば、それ以上、学びはないし、一過性のことでしかないと考えます。

けど、必然と捉えれば、必ずそこには理由があります。

その理由を明確にしたり、再現性を求めることが運命学に他ならない。

これが運命学の本質です。

自分の運命を創り上げるものは何か?

自分の体が、水分や脂質、タンパク質、糖で構成されているのと同様に、運命も複数のもので構成されています。

ここで書ける範囲で書くと、

① 自分が持っているポテンシャルの運

② タイミングの運(流れを読む力)

③ 人からいただく運

④ 祖父、祖母の徳

⑤ 自分が生きている間に貯めてきた徳

⑥ 過去生の徳

この6つになります。

本当はもっとたくさんあるし、細分化させればいくらでも分けることもできるますが、運命とは大きくこの6つで構成されていると思ってもらって問題ないと思います。

運が悪い人が陥りがちなこと

運を上げようと思って、占いを受けたり、運気を上げるグッツを身につけたりしている人は世の中大勢います。

けど、運気を上げようと必死だんだけど、運が上がらない人がいます。

むしろそういう人ほど、占いやスピリチュアルに依存して、負のスパイラルに陥りがちです

運が上がらない人は、先に挙げた、


③ 人からいただく運

⑤ 自分が生きている間に貯めてきた徳


を過小評価しています。

人様を大事にしないし、徳を貯めることをしない。

けど、それらを無視して運を上げようとしてしまう。

そして、運は上がらない。。。

運が上がらない人の多くは、この繰り返しを行なっています。

本物の占い師って普段の生活を大切にしている人が多い

僕自身、この業界にいるので、占い師やスピリチュアリストの方で素晴らしい人を何名が存じ上げていますが、本物を提供する人ほど普段の生活を大切にしています。

また、皆さんが思っている以上に常識人でもあったりします。

加えて、スピリチュアルでなんでも解決できる! なんて思っていません。

お金がないのに、お金が手に入るように祈ってばかりの人がお金を手にすることがないのと同じです。

お金がないならまず働くのが最善の手でしょう。

確かにスピリチュアリストの方で夢や願望を達成している人がいるのも事実ですが、多くの人は安定感や持続性に欠けています。


① 自分が持っているポテンシャルの運

② タイミングの運(流れを読む力)


理由は、この①②の運だけで人生を勝負しようとするからです。

自分が持っているポテンシャルの運は、必ず凹凸があります。

例えば、勉強はできるけど、コミュニケーション能力に難がある人と同様です。

自分のポテンシャルの運には必ず、強みもあれば、欠点もあります。

また、タイミングの運とは、言ってしまえば運気の流れです。

運気の流れこそ凹凸そのものです。

運が上がり続けることなどありはしないのです。

運命学は複利の長期投資のようなもの

運命学を理解している人ほど、長期スパンで物事を考えます。

長期的にみて、運が全体的に右肩上がりになるように運を調整するし、自分の弱点を努力して改善しようとしたり、それでも難しい場合は人様の力を適切に借りて対処します。

また、すぐに結果やリターンを求めません。

運は積み上げていくものだし、自分の運や人様からいただく運を貯めていき、さらに良き行いをして再投資を繰り返すイメージが運命学では大切です。

運命学は複利の長期投資のような学問です。

そして、複利の投資なので、ある閾値を超えると爆発的に運命が改善します。

これはぜひ覚えていて損はありません。

この記事を書いた人

京都市内で占星術鑑定を行なっているプロの占星術師。
鑑定依頼内容は、離婚・不倫やビジネスパートナーとの相性、悪縁(リリス・ドラゴンテール)、経営者の人間関係、転職が多い。
趣味は京都のBAR巡り。

真中 伸也をフォローする
運命学
応援する
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村
応援する
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村
真中 伸也をフォローする
占星術師 真中伸也 / MOTHER OF KYOTO
タイトルとURLをコピーしました