古典占星術でホロスコープを読むために必要な3つの理論

古典占星術
人生が変わる! 占星術鑑定
リリス鑑定も得意。運命はきっと変わる!

古典占星術の勉強法

古典占星術って勉強したいのだけど、なんだか難しそう……。

確かに古典占星術に限らず、占星術はたくさんの理論があるので、何から勉強したら良いのか、迷ってしまう人も多いと思います。

けど、古典占星術でまず勉強すべきは以下の3つです。

①本質的品位

②ルーラー読み(主星読み)

③宮(ハウス)の吉凶

まず、この3つをしっかりと抑えてみてください。

プロの占星術師として活動してる僕は、この3つの理論でホロスコープの60%を読んでいます。

初心者はもちろん、中級者でいまいちホロスコープが読めない人ほど重要な3つの理論です。

本質的品位

本質的品位とは、ものすごく簡単に説明すると、星座と惑星の組み合わせによる吉凶です。

例えば牡羊座であれば、火星、太陽との組み合わせは吉。

牡羊座と金星、土星の組み合わせは凶というものです。

本質的品位で運がある、なしを見極めていきます。

決して難しい理論ではないので、ぜひ注目してみてください。

ルーラー(主星)読み

ルーラー(主星)読みで、そのホロスコープを持つ人の行動や目的を分析していきます。

例えば、勉強の仕方について、その人は勉強にお金をかけるのか、一人で篭って勉強をするのか、はたまた、仕事に関する勉強であればはかどるのか、といったことを見ていきます。

ここで重要なのが、性格分析ではなく、行動分析であるということ。

古典占星術の凄みはこの行動分析にあります。

性格分析の占星術しかできない人の多くは、ルーラー(主星)読みができていません。

圧倒的に差がつくのがルーラー(主星)読みなのです。

宮(ハウス)の吉凶

占星術をある程度学んでいる人の中で、意外と知られていないのが、宮(ハウス)の吉凶です。

ハウスにも吉凶があります。

1ハウス、10ハウスは吉といった形です。

プロこそ、宮(ハウス)の吉凶を大事にしています。

宮(ハウス)の吉凶なしに、ホロスコープを読むことはできません。

最後に、、、

今回紹介した、本質的品位、ルーラー(主星)読み、宮(ハウス)の吉凶を組み合わせれば、ホロスコープは驚くほど読めるようになります。

古典だから、古い理論だから、あまり知られていないから必要ないのではありません。

むしろ、本当の価値は古典に宿ります。

手前味噌ですが、真中伸也は古典占星術をベースにした占星術講座を開催しております。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

この記事を書いた人

京都市内で占星術鑑定を行なっているプロの占星術師。
鑑定依頼内容は、離婚・不倫やビジネスパートナーとの相性、悪縁(リリス・ドラゴンテール)、経営者の人間関係、転職が多い。
趣味は京都のBAR巡り。

真中 伸也をフォローする
お知らせ
無料で占星術と運命学を学んでみませんか?
古典占星術
真中 伸也をフォローする
占星術師 真中伸也 / MOTHER OF KYOTO
タイトルとURLをコピーしました