古典占星術入門編 本質的品位、ルーラー、ハウス(宮)の吉凶を理解しよう!

古典占星術

現代占星術と古典占星術の違いは何か?

現代占星術はアスペクト重視と言われています。

アスペクトとは惑星と惑星の角度のこと。

コンジャンクション(0度、合)、オポジション(180度、衝)、スクエア(90度)、トライン(120度)、セクスタイル(60度)といった第一種(メジャー)アスペクトが有名ですね。

第二種、第三種アスペクトの他にも、赤緯を軸としたパラレルなんてのも存在します。

ちなみに、アスペクトには何種類あるかご存知でしょうか?

アスペクトは66種類あると言われています。

一方、古典占星術は本質的品位を重視すると言われています。

本質的品位とは、惑星と星座の組み合わせ(本来・高揚・放浪・転落・ペディグリン)、トリプルシティ(昼・夜・共通)、ターム(境界)、顔(フェイス)による吉凶のこと。

僕は古典派の占星術師なので、アスペクトも見つつ、実際は本質的品位を重視しています。

古典占星術の要となるルーラー(主星)

ルーラー(主星)とは、星座を支配している惑星のこと。

極論を言えば、ルーラーは星座を支配しているので、星座よりもルーラーの方が偉いと思ってもらって構いません。

そして、ルーラーがどのハウス(宮)に入っているかで、その人の人生傾向、行動が読めます。

結婚を避けている人、縁がない人は、7ハウス(宮)のルーラーが孤独を意味する12ハウス(宮)に入っていたりします。

このルーラーこそ古典占星術の要と言っても過言ではありません。

アスペクトはどうしても性格分析に終始してしまい、具体的な行動を読むのが難しい。

むしろ古典占星術のルーラーで読んだ方が、驚くほどその人がなぜそういった行動を選んだのかが、簡単に説明できます。

一占星術師として、ルーラーこそ運命に近づく重要理論と言えます。

ハウス(宮)の吉凶はかなり重要

意外と知られていないのが、ハウス(宮)にも吉凶があるということ。

例えば、1ハウス(宮)は幸運のハウス(宮)です。

逆に12ハウス(宮)は悪霊のハウス(宮)、つまり凶となります。

本質的品位とハウス(宮)の吉凶で、運命のメリハリをしっかりと読んでいった方が、運命に近づけます。

まとめ

今回、本質的品位、ルーラー(主星)、ハウス(宮)の吉凶について解説しました。

占星術初心者は、ぜひこの3つを勉強してみてください。

本質的品位、ルーラー(主星)、ハウス(宮)の吉凶を理解すると、驚くほどホロスコープ、運命が読めます。

現代占星術的にアスペクトを66種類使いこなすよりも、よほど楽にホロスコープが読めるようになりますよ。

ぜひ挑戦してみてください!

この記事を書いた人

京都市内で占星術鑑定を行なっているプロの占星術師。
鑑定依頼内容は、離婚・不倫やビジネスパートナーとの相性、悪縁(リリス・ドラゴンテール)、経営者の人間関係、転職が多い。
趣味は京都のBAR巡り。

真中 伸也をフォローする
古典占星術
応援する
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村
応援する
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村
真中 伸也をフォローする
占星術師 真中伸也 / MOTHER OF KYOTO
タイトルとURLをコピーしました