風の時代を生きるリーダーが失敗しないために必要なこと

風の時代
人生が変わる! 占星術鑑定
リリス鑑定も得意。運命はきっと変わる!

リーダーが知っておきたいこと

占星術的に風の時代は決して優しい時代ではありません。

木星の悪い意味である楽観過剰が顕在化しやすくなるのが、風の時代です。

なぜなら、風の時代の星座である双子座と、大吉星であるはずの木星との組み合わせが、本質的品位では凶だからです。

ITのツールが発達して、思いついたものがすぐに現実化しやすい時代だからこそ、実は注意が必要です。

リスクの検討、明確化を十分に行わずにサービスインしたままの状態であれば、その事業が失敗する確率が今まで以上に上がります。

また、リスクが顕在化もこれまで以上に現実化しやすいので、問題が起こった時に対処できなくなります。

これには十分な注意が必要です。

自我が強すぎると、もっと失敗しやすくなる

風の時代の星座である天秤座と太陽、火星の組み合わせは凶。

また、同じく風の星座である水瓶座と太陽の組み合わせも凶です。

太陽、火星に共通する意味は「自我」。

自我、つまり、自分、自分でしか物事を考えない人は、これからもっと失敗する可能性が高まります。

また、情熱的で突っ走ってしまう人ほど、危うくなります。

火のエネルギーは、風の時代と一見相性が良いようで、実は占星術の視点だと凶に傾きます。

リーダー気質の人の多くは火のエネルギーが強い人なので、風の時代はむしろ要注意なのです。

常に客観的な視点を忘れない

双子座、天秤座は客観的を意味する星座です。

客観的とは、具体的には自分だけの視点で物を見ない、ということです。

信頼できる人からのアドバイスが、これまで以上に価値を持ちます。

風の時代は現実化が早いので、自分の力を過剰に評価しがちですが、一方で、その現実化した物・事が本物でなければ、風化も早いのです。

人からのアドバイスを適切に取り入れて、もっとブラッシュアップする。

もっと質を高めて、より多くの人に伝える。

この視点が、風の時代を生きるリーダーとして成功を収められるかの大きな分かれ目になります。

この記事を書いた人

京都市内で占星術鑑定を行なっているプロの占星術師。
鑑定依頼内容は、離婚・不倫やビジネスパートナーとの相性、悪縁(リリス・ドラゴンテール)、経営者の人間関係、転職が多い。
趣味は京都のBAR巡り。

真中 伸也をフォローする
お知らせ
無料で占星術と運命学を学んでみませんか?
風の時代
真中 伸也をフォローする
占星術師 真中伸也 / MOTHER OF KYOTO
タイトルとURLをコピーしました