占星術占い|バツイチ子持ちの恋人は良縁か?

離婚

一般占星術・離婚鑑定で実はご相談が多いのが、新しいパートナーや再婚に関することです。

少しニッチではあるのですが、新しいパートナーと考えている人がバツイチで子持ちという場合、自分に合っているのか、結婚しても問題ないのか? といったお悩みを抱えておられる方もいます。

今回の記事では、バツイチ子持ちの恋人は良縁か? について占星術の視点も併せて解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

2,000円相当の無料プレゼント

限定400部が全て完売! 幻の占い(占星術)冊子を無料でプレゼントします。

1冊目:令和の時代を生きる知恵と勇気とリーダーシップが手に入る『経営者・リーダーの運命が変わる3つの知恵』はLINE登録ですぐにダウンロードできます。

友だち追加

2冊目:女性が強く自分らしく生きるヒントが手に入る『女性の運命を変える3つの相性』はメールマガジン登録すると入手できます。詳しくはコチラ→無料冊子プレゼント

バツイチ子持ちの恋人との良縁の見方

さっそくバツイチ子持ちの恋人との運命を読む見方を解説してきます。

少し驚くかもしれませんが、ご自身のホロスコープからバツイチの相手と縁があるか、またその子供と縁があるかを読むことが可能です。

①バツイチの人と縁があるか?

まず、バツイチの人と縁があるか? を見ていきます。

自分のホロスコープの3ハウスが、バツイチの方と縁が深いかを見るポイントになります。

あくまでも一例として挙げると、3ハウスに惑星が集まっているか、吉星が入っているかなどを見ていきます。

これは何も恋人だけではありません。

身の回りにいる人で、バツイチの方が多いといった場合も該当する見方です。

バツイチの人が周りに多い運命だと、必然的にそういった方とのお付き合いが深くなるものです。

自分が身近にいる人の傾向はホロスコープに強く現れます。

②人の子供と縁があるか?

もう一つ必ず注目したいのが、人の子供と縁があるか? を自分のホロスコープから確認することです。

人の子供と縁があるかは、11ハウスを中心に見ていきます。

こちらも一例として挙げますが、11ハウスに惑星が複数あったり吉星があったりして強化されている場合、人の子供と縁が深くなります。

子連れの方との恋愛や結婚に心理的なブロックが働くのは仕方ありません。

ですが、人の子供と縁が深い場合、それが自分の人生のとって好転するきっかけとなると判断できる場合は、真剣にお付き合いや結婚を検討されるのは決して悪いことではありません。

京都の占星術師マジンガー真中のバツイチ子持ちの恋人のイメージ
運命学的に、人の子供と縁がある人は、運が上がりやすい傾向があります。

③相手との相性・悪縁

基本中の基本ですが、バツイチ子持ちの方との相性はしっかりと確認する必要があります。

リリスやドラゴンテイルといった悪縁のポイントで結ばれていないか、運を上げてくれる存在かの確認は必須です。

また出会った時期も大切です。

運が上がっているタイミングに相手と出会っているか、その日一日が幸運日かも重要確認ポイントです。

大切な話|徳を積むということ

最後に大切な話をしたいと思います。

バツイチ子持ちの方と仮に結婚するとなった場合、運命学的にどんな意味があるのか? ということです。

人の子の面倒を見る、大切に育てるということは、ご自身の徳を積むことにつながります。

これこそ天の計らいでもあります。

自分が相手のため、さらには相手の子供のために時間もお金の労力も提供することが、真の運命開花につながるのです。

昨今、自分の幸せを優先させなさい、という考え方が広まっています。

個人的には、自分の幸せを優先させる考え方自体には、賛成の立場をとっています。

ですが一方で、相手と一緒になり幸せを築き上げることが可能なのも、また事実です。

今回で言えば、バツイチの相手の方、さらにそのお子さんの人生に自分が貢献することが、結果自分の人生の徳につながり、幸せにもつながるというものです。

もし、そういったお相手とご結婚なさる場合、ぜひ相手のお子様に感謝の大切さをお伝えください。

この世界は感謝の気持ちと行動でできています。

感謝の気持ちがない社会は必ず悪い方へと傾きます。

感謝の気持ちがない人は、決して幸せな人生を歩むことはできません。

子供たちに対して、人生における大切な心を伝えてあげてください。

ご自身の運命が大きく開運はずです。

\占星術鑑定・講座に関する疑問はありますか?/
鑑定や講座の内容などぜひお聞きください。
お問い合わせはコチラ
\占星術鑑定・講座に関する疑問はありますか?/
鑑定や講座の内容などぜひお聞きください。
お問合せはコチラ
タイトルとURLをコピーしました