離婚に悩む女性が知っておきたい「リリス」まとめ

離婚

離婚鑑定に欠かせないのがリリスです。

リリスとは月の遠地点で、人生に大きく影響を与える感受点です。

占星術鑑定でリリスは以下のリンク先にあるような内容を確認する際に使用します。

>>【占星術】リリスの使い方7つをご紹介します!【シナストリーなど】

悪縁の人や、自分の才能、セクシーポイント、宿命的な病気などを特定する際にリリスを用いるのです。

今回の記事では、離婚とリリスの関係について解説します。

まだ、占星術講座に申し込まないでください!

真中さんの講座を受けた後、私が支払ってきた他の占星術講座の代金30万円はムダだったと思いました。

ちゃんと勉強し直してホロスコープが読めるようになりたいです。←受講生のコメント

そのヒミツがコチラ←クリック!

バツイチ!? アダムとリリスの関係を見てみよう

聖書に出てくるアダムってバツイチだった、というのはご存知でしょうか?

アダムはイヴと出会う前、リリスという女性と結婚していました。

リリスはアダムの前妻です。

アダムとリリスの間には悪霊が生まれたとされています。

占星術的にリリスはさそり座の性質があると言えます。

さそり座と言えば「性」「妖艶」「夜」「生と死」「Sex」といった意味があります。

占星術的にアダムはリリスの悪魔的な魅力に惹かれてしまったと言えます。

※リリスは旧約聖書では多くの悪魔と交わったとされています。

ホロスコープ・リリスの相性と離婚の関係

占星術で使用する「リリス」は誰のホロスコープにもあります。

これまでたくさんの相性の研究をしてきた僕ですが、断言できるのは、リリスに引き摺り込まれた夫婦の75%は離婚しているという真実です。

リリスが絡んだ相性は引き摺り込まれる方が強烈に相手を好きになります。

好きになるだけであれば良いのですが、その後、かなりの確率で相手のことを嫌いになるのです。

徹底的に好きになり、その後、徹底的に嫌いになるのがリリスの相性です。

そして、リリスの相性は悪縁です。

原則、運を下げる相性と言えます。

離婚鑑定の際、必ず確認するのがリリスの相性なのです。

リリスの相性は避けられないの?

ここでこんなことを思った方もいるかもしれません。

「リリスの相性は避けられないのか?」ということ。

結論は、ほぼ避けられません。

ほぼ、というのは予めリリスの相性と知っていれば避けられますが、もちろん、誰もが占星術の知識を持っているわけではありません。

むしろ避けられないであれば、リリスの相手とうまく付き合っていく関係性を模索する方が大切です。

ただし、リリスが絡んだ夫婦の問題は、離婚を選択した方が良い結果になることはいうまでもありません。

離婚で悩んでいる人は、まずリリスの相性かどうかを確認することが最優先となります。

まとめ

まず、離婚をしたい女性は今の夫とリリスの関係かどうかを確認しましょう。

リリスの関係かどうかを知るだけでも、離婚すべき理由が明確になるはずです。

そう、離婚したい女性はまず離婚すべき理由の明確化が必要です。

相性は良いのか悪いのか? 離婚した方が幸せになるのか? 未来の私はどんな生き方をいているのか?

まず、リリスに注目してみてくださいね。

本気で占星術を学び直したいあなたへ

ご存知ですか?

たった90分でホロスコープを読むスキルを3倍は高められます

実力を身につけてお客を呼べる占い師へ

仕事でも活かせるから、もっと活躍できて収入アップ

毎月限定5名

今だけ特別プライス5,000円OFF(定価11,000円→7,000円)

↓ ↓ ↓ クリックしてください。

最後に…占いが気になる人はぜひご覧ください。

10年悩んだ人間関係をたった一度の鑑定で解決した占いがあります。>>占星術鑑定(相性・悪縁)

今すぐにも離婚したい女性の方へ。離婚のベストタイミングを知らずに決断すると失敗します。 >>離婚専門鑑定

この記事を書いた人

京都市内で占星術鑑定を行なっているプロの占星術師。
鑑定依頼内容は、自分の評価や価値を上げる、離婚・不倫やビジネスパートナーとの相性、悪縁(リリス・ドラゴンテール)、人間関係、転職が多い。
趣味は京都のBAR巡り。

真中 伸也をフォローする
離婚
応援する
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村
真中 伸也をフォローする
京都 | 真中占星術研究所
\0円で占星術を学び直しませんか?/
限定400部の冊子はホロスコープ学習に最適…
無料で手に入れる
\0円で占星術を学び直しませんか?/
限定400部の冊子はホロスコープ学習に最適…
無料で手に入れる
タイトルとURLをコピーしました